カツラ、増毛の品質

夏の暑さは肌だけではなく、髪の毛にも悪影響を及ぼすことを知っていますか? 1年の中でも特に頭皮に負担のかかる夏。 正しいケアを行うことが薄毛対策の第1歩になります。

夏の頭皮ダメージ

■紫外線の髪へのダメージ

紫外線が頭皮に与える悪影響として深刻なのが、光老化。
まずは髪。光老化が進んだ髪は色素が抜け、髪の毛を作っているタンパク質にダメージを与えるため切れ毛や細い髪が増えます。
また、髪を黒くする細胞にもダメージがあるため白髪が増える可能性も高くなります。

■紫外線の頭皮へのダメージ

紫外線を浴びることによって悪化する光老化は、髪だけでなく頭皮へもダメージを与えます。
海に行くと、日焼けがヒリヒリすることがありますが、それは軽いやけどを負った状態。
夏は知らぬ間に頭皮も同じ現象が起こっており、頭皮が紫外線を浴びる量は顔の3倍ともいわれています。
紫外線は髪をつくる毛母細胞の働きを悪くし、頭皮を若々しく保つコラーゲン細胞を破壊する可能性もあります。それらは抜け毛や髪の成長に悪影響を及ぼすため、紫外線からのダメージは極力避けたいものです。

■汗・皮脂のダメージ

夏はとにかく汗をかきますよね。
汗や皮脂により毛穴が詰まると、頭皮の新陳代謝が悪くなり髪の成長を遅らせる可能性が高くなります。
また、毛穴が汚い状態が続くとほこりや雑菌と混ざり、頭皮のかゆみやにおいの原因にもつながります。

夏の正しい頭皮ケア

■万全な紫外線対策

本来、髪の毛は頭皮を紫外線から守る役割なのですが、薄毛は進行するほどハゲる速度が速くなります。さらに頭皮は体の部位で1番紫外線を浴びている箇所。
UVカット効果のあるヘアスプレーを使用することで毎日の紫外線ダメージを軽減し、薄毛の進行も抑える対策がおすすめです。
しかし、紫外線を浴びたくないからといって帽子を着用するのはかえって逆効果になるのでご注意を。

■シャンプーは1日1回

頭皮を清潔にしておくことは大切ですが、洗いすぎもかえって頭皮への負担に。
洗いすぎることで頭皮が乾燥するとともに、必要なあぶらがなくなるため、頭皮は皮脂をさらに分泌しようとします。これは頭皮にとって逆効果になります。
シャンプーは1日1回、できれば夜にするのがおすすめです。
朝のシャンプーは皮脂が少ない状態で紫外線を浴びることになるので、頭皮の負担・ダメージが大きくなる可能性大です。

■バランスの良い食生活に

もちろんですが、正しい食生活が健康な頭皮・髪の毛を保つのには必須です。
BBQや旅行、ビアガーデンなど、夏には楽しいイベントが盛りだくさんですが、
お肉だけ、野菜だけ、毎日お酒など、偏った食生活にならないよう、心がけましょう。

総合おすすめランキング

総合人気ランキング1位は見事スヴェンソンに決まりました。
品質はもちろんのこと価格、アフターケア、細やかなサービスなど様々な点で高水準です。
これから増毛やかつらを検討されている方や今のメーカーに満足していない方はまずスヴェンソンに相談してみるのが良いかもしれませんね。

最新!人気ランキングはこちら

特集企画

メーカーで比較

  • ラシュシュ
  • ナチュラルプエラリア
  • ファストマジック
  • NUI・胸美
  • エンジェルアップ
  • DelaFierte

当サイトに関する調査概要は下記の通りです。

  • ● 調査目的:増毛やかつらに対する意識調査
  • ● 調査方法:知人へのアンケート及び街頭アンケート・インターネットリサーチ
  • ● 母集団:1217名
  • ● 調査対象地域:日本全国
  • ● 調査対象者:20~50代の男性
  • ● 有効回答数:1008名
  • ● 調査実施時期:2017年2月~2017年6月

PAGE TOP